引越し時に新しくエアコンを購入した場合や、今まで使っていたエアコンを新しい住まいへ移設する際には、エアコンの取り付けや取り外しが必要です。DIYが得意な人間は、自分ですべてやってみたいと思うかもしれませんが、知識や経験がないままで行うと、エアコンの故障や思わぬ怪我を負うリスクがあります。このためエアコンの脱着は専門業者に依頼するのが得策です。設置する際に室内機が傾いている、配管の接続に不具合がある等の場合、ガス漏れを起こすことがあります。また使っていたエアコンの場合は、中から汚れた水が大量に流れ出てくることもあり、部屋の床を汚損することになってしまいます。このようなトラブルを避けるためにも、対応可能な業者に依頼しましょう

引越し時のエアコンの取り付けと取り外しは、専門業者に依頼する方法もありますが、たいていの引越し業者でオプションサービスとして依頼可能です。この際、脱着だけでなく、大切なのはクリーニングです。エアコンは室内でタバコを吸わないとしても、内部に空気中のほこりがたまり、汚れが蓄積しています。気温の寒暖の影響を受けますので内部が結露しやすい難点があります。クリーニングをすることで冷暖房の効率がよくなり電気代の節約や故障の防止にもつながります。引越しはその良いタイミングと考え、引越し業者に併せて依頼することがよいと思います。また、型が古いエアコンは電気代が高くなり、また、安全面を考慮すると買い換えた方が経済的です。引越しというタイミングでこういうことをもよく考えてみましょう。

Comments are closed.